丈と身幅をきめる

きものの上前をからだの幅いっぱいにあててみて
そのままそっと上前をはね、うしろのすそをかかとで踏んでおいて、下前を合わせ、幅の余分は表側に折り返します。
次に上前を合わせ、おくみつけ線まで足の甲にかかって、それから先が上がるよう(たたみから15cm上くらい)丈をきめます。
このとき、片足を前に出し、重心を二本の足の中心において着つ けると、すそが細めにおさまって形よく、ゆきます。
なお、あまりきっちり合わせると、パンティーの線が出たりしますから、ある程度のゆとりをもたせるようにすべてからだの動きをおさめる程度の、ゆとりをつけて着つけることか、着くずれを防ぐことになるのです。

腰ひもをしめる

わきのぬい目が まっすぐになるように、腰ひも位置の布のゆるみは、わきぬいのかげにタックのようにしておさめ、腰骨のすぐ上にしっかりひもをしめます。
前からうしろへきつくおさえ、あとゆるめに前にまわす心持ちで
着くずれを防ぐきめ手は腰ひもですから、姿勢を正して、キチッとしめましょう。
この位置はきつくしてもそんなに苦しくないものです。

えりをととのえる

うしろ中央は長じゅばんよりやや出るかげんに、肩線上でぴったりそろって、前中心で、半えりが2mくらいのぞくようにえりを合わせ、胸のゆとりをタックをとって、ひもをしめます。
えり幅は下へいって少し広く。

おはじよりを作る

身八つロから両手を入れて、おはしより分をきちんと下へおろします。
わきで帯より8mくらい出て、前端はやや上がりぎみにおはしょりの形をととのえて、余分はたくし上げてウェストのくぼみにおさめるよ与にし、上からだてじめをしておさえます。

うしろは

背中の余分はI」本の夕″クにおさめますが、これも下からキューキュー引っぱったりしないで、ややゆとりをもたせかげんに。
からだの幅によって、帯より下の背ぬいが片寄りますが、3cm以上も片寄るようなら、仕立てのとき身幅をせまくしましょう。