訪問着

訪問着は結婚式、卒業式、パーティー、観劇、お見合いなごに着る、着物の中での第一公式、フォーマルウエアです。
最近は紋なしがほとんごですが、背中にぬい紋を一つおつけになると、正式な感じがします。
帯は袋帯を着物と関運のある柄を選ぶのも個性的です。
帯揚げは総しぼりを。
帯じめは結婚式には金銀、その他には、着物の色に合わせた薄色や、ぼかしも合います。
ぞうりは白地に金銀や、帯じめに合わせた色にしてもいいでしょう。
ハンドバッグはビーズならりっぱ、ほかにつづれなごの布製。
手さげ型が便利です。

小紋

伝統のゆかしさも新しさも白由にとり入れて、色も柄も豊富で美しい小紋こそ、着物の中の着物といえるでしょう。
小紋の中でも、つけさげ小紋は、肩山を中心に、そでも身ごろも柄が逆にならぬように染めたもので、訪問着に準じて着られます。
帯は袋帯で、さっぱりした柄を合わせ、帯揚げ、帯じめも着物の中にある色を選ぶと無難です。
ハンドバッグは小型を、ぞうりは白地に着物と同じ色のはいったものを選ぶと、よそゆきの咸じになります。
渋い着物は、すそまわしの色で二十代から四十代まで着られます。
若い人ならすそまわしはえんじを、ブルーや黄土色を選ぶにつれて高年齢向きになります。
一つ紋の黒い羽織などと組み合わせて、上役や目上の人の訪問などにいかにも奥さまらしいお召し物です。
流行の染め帯は、いくらかくだけた感じになりますから、織り帯を組み合わせると、もう少し改まった感じが出てきます。
帯じめ、帯揚げは、色を合わせて、ばかしや輪出し(飛び柄にしばったもの)がしゃれています。
ハンドバッグやぞうりは、正式のときには使えない、はちゅう類をあしらったものもお持ちになれます。

留袖

留めそは儀式用の着物。
お仲人さんや身内の結婚式に着ます。
紋は染め抜きの五つ紋で、白の下着を重ねるか比翼仕立てにします。
布地は一越やりんず、模様は松竹梅、鳳凰、鶴、たばねのしなどのおめでたい柄や、新しいところでは洋らんなどもあります。
ふ作帯は袋帯を。
丸帯はほとんどしめられなくなりました。
白地、薄朱、薄ブルーなどの地色や、14のように金地を朱で引いたものなどもあります。
喩帯じめは白の丸ぐけや金銀のひも、帯揚げは白のしぼりやりんずを。
ミセスは緋がのこの帯揚げはしません。

振袖

未婚女性が着る着物で袖の袂が長いことが特徴です。
振袖は成人式等の晴着として未婚女性の第一礼装ですが
最近では既婚者も振袖を着られるこもあり
全般的な需要は高くなりつつあります。