丸帯

帯幅の二倍に織り上げてある、全体的に柄のあるもので、薄いしんを入れて仕立てます。
いまは花嫁さんくらいしか使いません。
柄のよいのがあったら、縦半分に切って裏布を95cmほど足し、名古屋帯に仕立てたほうが利用範囲が広くてよいでしょう。

袋帯

片側に柄があり、片側が無地のもの。
袋状に織ってあるのもあり、襲仕立てといって、かかってあるのもあります。
しんを入れないので軽く、外出用に便利。

名古屋帯

各古屋あたりで考案されて、昭和七、八年ごろからはやり出しました。
丸帯や袋帯にくらべると、片側帯に95cm足し布(おたいこの裏の部分)しただけでできるので、経済的と喜ばれたもの。
上等のものは訪問着にもよく、変わり結びもできます。

袋名古屋帯

戦後あらわれたもので、30。
(8寸)幅に織って、おたいこの部分だけ二重にし、・両端をかがったもの。
八寸名古屋帯とも言います。
しんがないので軽く、街着、ふだん着には最適です。
ただし、見ばえがしないので、訪問着などのよいきものには向きません。

半幅帯

ふつうの帯の幅の半分のもの。
羽織を着たときに、前だけ見せるために作られたものですが、最近は、若い人や奥さまのふだん用として重宝されています。
軽くて便利ですが、奥さまの外出には向きません。
若い人は文庫や貝のロ、ちょう結びなどにして、街着くらいまではよろしいでしよう