準備しておくこと帯まくらに、ガーゼをかぶせておきます。
まくらのひもは、ついてい・ても、とってしまってもかまいません。
(ひもがついているときは、ガーゼといっしょにしめる) 帯は、袋帯のように手のほうも広いときは、からだに三まわりするくらい幅を折っておきます。
ふつうの体格の人、やせている人は真半分に、大柄な人は四分六分くらいに。

らくなしめ方

胸元をしめつけなければ苦しくありません。
しめるとき、前に帯まくらの薄いのを②のようにはさみ、下側をからだにキチッとあててしめると、上側がゆるく仕上がって苦しくなく、帯の形としても。
そのほうがきれいです。
なお、帯は前からうしろにかけて、上げかげんに七めるのが、形よいものです。

結び目がゆるむ人は

小さな帯まくらを、だてじめの上にしめ、この山の上に結び目をのせるとゆるみません。

たれがはね上がるとき

帯を結んだ下にタオルなどをはさむ人がいますが、落ちてきたりしてみにくいもの。
むしろ下ごしらえの段階で、絵のようにタオルを入れておくほうがよい。

帯揚げの出し方

ふつうに結ぶか、前でIひねりしただけで、帯の間にはさむのが一般向きのやり方。
お嬢さんや、若奥さまはややのぞかせ、中年からは、よそゆきの場合は少し見せ。
ふだんには全然見せないほうがよろしい。
わき側も、細くしぼってくるよう’にして、あまり幅広く見せないこと。
やぼったくなりますから。
お嬢さんの場合にかぎり、中振りそでなどのときは、絵のように重ね合わせて、(5~6cm幅くらい)えりの間にはさまず帯にはさみこみます。
えりにはさむと着くずれのもと。